スポンサーリンク

パプリカのぬか漬けのレシピ。ピーマンより美味しいです

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

漬け終わったパプリカのぬか漬けをカットして皿に盛る

パプリカのぬか漬けなんて初めて聞いた方もいるかもしれません。

おそらく自分で作らないと食べる機会はないと思います。

実は、パプリカのぬか漬けはとても美味しいです。

パプリカはピーマンに比べて苦味が少ないので、それがぬか漬けの乳酸菌の酸味とよく合います。

作り方はとても簡単です。

さっそく、パプリカのぬか漬けの作り方を写真付きで説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パプリカのぬか漬けのレシピ

パプリカのぬか漬けの作り方

まず、パプルカを水で軽く洗い、水気を拭き取る。

パプリカ

 

ヘタを切り、縦に半分、または1/3にカット。

中のワタ(内側の白いところ)と種を取り除く。

パプリカを縦にカット

 

それをぬか床に入れる。

カットしたパプリカをぬか床に入れる

漬け終わったら、ぬか床から出して“ぬか”を洗い流す。

適当な形に切って、それを皿に盛る。

 

 

漬け時間の大まかな目安

パプリカの漬け時間は短くて充分です。

春、夏、秋の常温で約半日。

冬、または冷蔵庫の中だと約1日。

 

パプリカのぬか漬けを美味しく漬けるコツ

パプリカは、ピーマンに比べて甘みがあり、ぬか漬けの酸味ととても相性がよく、美味しくいただけます。

そのパプリカの味を活かすには、あまり長く漬け過ぎない方が良いです。

がっつりぬか漬けにするというより、浅漬けにするというイメージですね。

ですので、漬け時間は短い方が良いと思います。