ぬか漬けの変わり種。意外なオススメ食材をランキングで紹介

ぬか漬けを作りに慣れてくると、普通の野菜をぬか漬けにして食べることに飽きてきて、変わった食材をぬか漬けにしたくなるのです。

ぬか床に入れてしまえば、意外といろんな食材がぬか漬けになってしまいます。

そして、その食材は野菜以外にもあるんです。

それらをぬか漬けにするうと、とにかく美味い!

“きゅうり”とか“なす”や“大根”のぬか漬けは、「これぞぬか漬け!」といういう王道の美味しさなんですが、変わり種と呼ばれる食材のぬか漬けは、それとは全く違う次元の美味しさなんです。

食材がイレギュラーなだけに好き嫌いが分かれますが、どハマりするとその食材がヘビーローテーションになることもしばしば。

ぬか漬けの奥の深さを知ることになるでしょう。

ということで、今回は変わり種のぬか漬けをランキング形式で紹介したいと思います。

ちなみに、それぞれの食材の作り方はこの記事の下で個別記事として用意しています。

そちらも参考にしてください。

ぬか漬けの変わり種ランキング

今回のランキングは完全に私の個人的な好き嫌いで決めています!

そして、ぬか漬けにしてみたものの、私が「美味しくない」と思ったものは紹介していません。

では、紹介していきましょう!

1位:ゆで卵のぬか漬け

ゆで卵のぬか漬けを皿に盛る

いきなり野菜意外の食材を紹介しますが、変わり種ぬか漬けで一番のオススメは、ゆで卵のぬか漬け。

意外にもぬか漬けとの相性は抜群にいいんです!

初めてゆで卵のぬか漬けを作って食べた時、あまりの美味さに感動しました。

ゆで卵って、そのまま食べると味が淡白で正直「美味しい!」とは思えませんよね。

でも、ぬか床に入れることで、ゆで卵にいい感じの塩分がプラスされ、それがゆで卵の味と絶妙に合います。

それに、ぬか床の酸味が加わることで、「絶品」と呼ぶにふさわしい料理になっています。

私は、そのあまりの美味さに、一時期、ゆで卵のぬか漬けばかり作っていたくらいです。

ご飯のおかずに合うし、私は、これを外出先で小腹が空いた時の間食用に持ち歩くこともあります。健康的かつ経済的でもあります。

ぬか漬けを作っている人は、絶対に作って欲しい一品ですね。

この美味さは、絶対に期待を裏切りません!

 

2位:アボカドのぬか漬け

3時間漬けたアボカド②

変わり種ぬか漬けで2番目にオススメするのはアボカド。

実はアボカドは変わり種ぬか漬けの中でも人気の食材。アボカドはぬか漬けとの相性が抜群なんです。

元々、濃厚な味がしてそのまま食べても美味しいのですが、ぬか漬けにすると酸気と塩分が加わってさらに濃厚に。

美味しくするコツは、長く漬け過ぎないこと。

そうすればアボカド本来の美味しさを残しつつ、酸味と塩分がアボカドをさらに美味しくしてくれます。

アボカドをぬか漬けにするとトロトロになり、それを口の中に入れた瞬間に舌の上で溶けて濃厚な味が広がるのです。

その味は、もはやぬか漬けって感じがしないですね。

とにかく超おすすめの変わり種です。

 

3位:ささみのぬか漬け

ささみのぬか漬け

肉もぬか漬けにして食べられるのですが、その中で特にオススメしたいのが“ささみ”。

ささみは高タンパク&低カロリーのヘルシーで優秀な食材ですが、あえて欠点を挙げるとすれば味が淡白なこと。

いろんな食べ方がありますが、「ぬか漬けにする」やり方はその1つ。

ささみを茹でてぬか漬けにするとスモークされたような味になり、コンビニで売っているサラダチキンに匹敵するくらい美味しくなります。

「肉は好きだけど健康的に食事に取り入れたい」とか「ダイエットしている」という人なら、ささみのぬか漬けはピッタリでしょう。

 

4位:マグロのぬか漬け

意外にも魚もぬか漬けにして食べられます。

その中でまずぬか漬けにしてみて欲しいのがマグロの刺し身。

美味しく食べるコツはあまり長く漬け過ぎないこと。

マグロの刺し身をぬか漬けにすると、いわゆる「漬けマグロ」のような味になります。

ただ、醤油に漬けていないので漬けマグロよりはマイルドな味です。

これだけでもシンプルに美味いのですが、漬けマグロの丼のように食べても美味しくいただけます。

 

5位:ミニトマトのぬか漬け

ミニトマトをぬか漬けにすると、トマトの元々の酸味にぬか漬けの酸味と塩分が加わって、甘みのある濃厚な酸味に変化します。

あの小さなトマトの中にうま味がギュッと濃縮されるのです。

ちなみに、ミニトマトより大きいサイズのトマトはぬか漬けに向いていません。ぬか漬けの味が中に浸透しなくて、普通のトマトを食べているのとあまり味が変わりません。

大きさ的にはミニトマトが一番ぬか漬けに合っています。

 

6位:じゃがいものぬか漬け

じゃがいものぬか漬け②

じゃがいもほど料理のバリエーションが豊富な食材はありませんよね。

そのラインナップに、ぜひ、じゃがいものぬか漬けを加えて欲しいです。

茹でたじゃがいもをぬか床に入れると、“ぬか”の塩分と酸味でいい感じで味付けされて他のじゃがいも料理とは違う美味しさを味わえます。

ポテトに塩を振って食べると美味しいことから、じゃがいものぬか漬けが美味しいことは想像しやすいでしょう。

それに酸味が加わるので、その味はオリジナル。

これを焼いて食べても美味しくいただけます。

 

7位:りんごのぬか漬け

1日漬けたりんごのぬか漬け

実は、フルーツもぬか漬けになります。

特にオススメしたいのがりんご。

りんごをぬか床に入れると酸味と塩味が染み込んで、いい感じで美味しくなります。

どんな味かというと、甘くなります。

りんごの味と酸味と塩味が混ざると甘く感じるようです。

この甘さだったら、お子さんでも美味しいと言って喜んで食べてくれるような気がします。

 

8位:チーズのぬか漬け

4分割にしたモッツァレラチーズ

チーズもぬか漬けにできます。

特にモッツァレラチーズがぬか漬けに向いています。

その理由は、モッツァレラチーズの薄味とぬか床の相性が良いからです。

元々の薄味にぬか床の酸味と塩味がマッチするんです。

あと、チーズが柔らかいのでぬか床の旨味が浸透しやすい。

口にした感じはぬか漬けというより“おつまみ”を食べている感覚。

上にミニトマトを乗せて食べても美味しいです。

 

9位:こんにゃくのぬか漬け

こんにゃくのぬか漬け②

煮物やおでんなどで活躍するこんにゃくは、ぬか漬けにするとまるで違う食べ物になります。

下処理をして臭みをしっかりと抜いたこんにゃくのぬか漬けは、爽やかな酸味がしてプリプリとした食感に。

それはまるでゼリーのような感覚です。

そのまま食べても良し、醤油を少し付けて食べても良いでしょう。

 

まとめ

変わり種のぬか漬けの特徴は、ひと手間かける食材が多いこと。

ちょっと面倒だったりするのですが、でも、どハマりする食材に出会ってしまうと、その手間をかけてでもぬか漬けにしてしまうんですよね。

私にとってのそれは茹で卵。

茹で卵は1週間に1パックのペースでぬか漬けにして間食用に家や外出先で食べています。

でも、普通のぬか漬けに比べたら、変わり種ぬか漬けを作る回数は少ないと思います。

普通のぬか漬けを作っているとそれに飽きる時が来るので、そういう時はここで紹介した食材でぬか漬けを作ってみて欲しいですね。

ぬか漬け変わり種ランキング

ゴーヤのぬか漬けのレシピ。あの苦さは美味しくなるのか

ゴーヤをぬか漬けするとあの苦さは美味しくなるのか?結論をお伝えすると、好き嫌いがハッキリ分かれます。元々苦手な人が気に入る可能性は低いでしょう。ということで、今回はゴーヤのぬか漬けのレシピ&食レポを写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

しめじのぬか漬けのレシピ。きのこのシンプルな味が美味い!

しめじはぬか漬けすると、きのこ類の美味しさが引き出されてシンプルに美味しくいただくことができます。短い時間で仕上げることがポイントです。ということで、今回はしめじのぬか漬けの作り方を写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

エリンギのぬか漬けのレシピ。きのこの美味しが際立つ

エリンギをぬか漬けにすると、きのこ類が元々持っている美味しさが引き出されて美味しく食べることができます。ポイントはぬか床に長く入れすぎないこと。ということで、今回はエリンギのぬか漬けの作り方を写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

りんごのぬか漬けのレシピ。フルーツも意外と美味しくなる

りんごはぬか漬けになります。しかも、フルーツなのに意外と美味しい。初めて食べるまでは「不味いに決まっている」と思ったいたけど予想を裏切られました。ということで、今回はりんごのぬか漬けのレシピを写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

チーズのぬか漬けのレシピ。特にモッツァレラがおすすめ

チーズをぬか漬けにすると酸味と塩味がいい感じで染み込んで、ひと味違う美味しさになります。ちなみに、私はモッツァレラを使うことをおすすめしています。今回は、チーズのぬか漬けのレシピを写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

ミニトマトのぬか漬けのレシピ。大きい形はオススメしない

ミニトマトをぬか漬けにすると元々の酸味に甘みが加わり意外といい感じで仕上がります。手間もかからず簡単にできてしまい、しかも美味しいのでオススメします。ということで、今回はミニトマトのぬか漬けの作り方を写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

じゃがいものぬか漬けのレシピ。

じゃがいもをぬか漬けにすると、酸味や塩気が絶妙に染み込んでとても美味しくなるのです。個人的にはとても大好きな食材で頻繁に食べてます。ということで、今回はじゃがいものぬか漬けの作り方を写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

アボカドのぬか漬けのレシピ。材料選びのコツも紹介

アボカドはぬか漬けにするとコクが出てかなり美味しくなります。きっと癖になることでしょう。栄養満点の食材でもあるので、ぜひ一度チェレンジして欲しいです。ということで、今回はアボカドのぬか漬けの作り方を写真付きで説明します。
ぬか漬け変わり種ランキング

マグロのぬか漬けのレシピ。丼にしても最高です!

マグロはぬか漬けしても美味しく食べられます。丼風にしてしても最高にうまくなります。かなりおすすめの一品ですね。ジップロックを使うのが特徴です。今回は、マグロのぬか漬けの作り方を写真付きで紹介します。
ぬか漬け変わり種ランキング

枝豆のぬか漬けのレシピ。おつまみに最高の一品です

枝豆はぬか漬けにしても、おつまみとして美味しく食べられます。茹でてぬか床に入れるだけ。塩気と酸味でいい感じに仕上がります。ということで、今回は枝豆のぬか漬けの作り方を写真付きで紹介します。