スポンサーリンク

れんこんのぬか漬けのレシピ。根菜ならではの素朴な美味しさ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

れんこんのぬか漬け

私が食べるれんこん料理と言えば「はさみ揚げ」

でも、油を使うのが面倒なので家では作りません。

居酒屋で注文して食べるくらいでしょうか。

でも、れんこんって地味な野菜だけど、なぜか美味しいんです。

ということで、私はぬか漬け作りを始めてから、れんこんはぬか漬けにして食べるようになりました!

今回はれんこんのぬか漬けのレシピを写真付きで紹介しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

れんこんのぬか漬けのレシピ

れんこんのぬか漬けは、茹でて、ぬか床に入れるだけです。

詳しく説明していきます。

れんこんのぬか漬けの作り方

れんこんの下ごしらえ

れんこんを用意

れんこん

 

れんこんの皮を剥き、幅5ミリほどの厚みで切ります。

カットしたれんこん

 

れんこんの変色を防ぎ白く仕上げるために、酢水に5分入れておく。

※れんこんの変色が気にならなければ、酢水のステップはカットしてOK

 

れんこんを茹でる

鍋に水を入れ火にかける。

沸騰したられんこんを入れて3〜4分待つ。

れんこんを鍋で茹でる

鍋から出して冷水で冷まします。

 

れんこんをぬか床に入れる

冷めたれんこんはそのままぬか床に入れます。

れんこんをぬか床に入れる

 

漬け終わったらぬか床から出して“ぬか”を洗い流します・

れんこんの穴に詰まった“ぬか”もしっかり取りましょう。

皿に盛りつけて完成です。

 

漬け時間のおおまかな目安

春、夏、秋の常温で6〜12時間

冬、または冷蔵庫の中だと12〜24時間

※気温(温度)、ぬか床の状態、好みの味など、いろんな条件の組み合わせで、れんこんの漬け時間は変わります。上記はざっくりとした目安です。

スポンサーリンク

れんこんのぬか漬けの味

さっそく、食べてみましょう。

まず、れんこんのシャクシャクした歯ごたえは健在です。

れんこんの味とぬか漬けの酸味の味がマッチして美味しいです。

漬け時間を短くした方が根菜独特の素朴な味を残したまま、美味しくぬか漬けにすることができます。

漬け時間が長くなると酸っぱい味しかしくなるのです。