スポンサーリンク

ゴーヤのぬか漬けのレシピ。あの苦さは美味しくなるのか

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ゴーヤのぬか漬け

ゴーヤと聞くとゴーヤチャンプルーを思い浮かべる人が多いと思います。

ちなみにゴーヤは“にがうり”と呼ばれることもあります。

味はとにかく苦い。

好き嫌いがハッキリと別れる野菜です。

正直、私もあまり得意な味ではありません。

なかなか積極的に食べようと思わないですね。

ただ、そんなゴーヤをぬか漬けにするとどうなるか?

気になったのでぬか漬けにして食べてみました。

今回は、ゴーヤのぬか漬けのレシピを写真付きで紹介&食レポします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴーヤのぬか漬けのレシピ

・ゴーヤのぬか漬けのつくり方

・ゴーヤのぬか漬けの味

・ゴーヤのぬか漬けを食べた感想

の順番で説明していきます。

ゴーヤのぬか漬けをつくる

ゴーヤ

 

縦半分に切り、中の種と綿を取り除きましょう。

ゴーヤの中に種と綿を取り、縦半分に切る

 

それをそのままぬか床に入れます。

ゴーヤをぬか床に入れる

 

入れる時は、ゴーヤの内側を上にして、そこにぬかがしっかり埋まるようにしましょう。

漬け終わったらぬか床から出してぬかを洗い流します。

適当に切って皿に盛りつけて完成です。

スポンサーリンク

ゴーヤのぬか漬けの味

常温で「24時間漬けたゴーヤ」と「48時間漬けたゴーヤ」を食べ比べしました。

・常温で24時間漬けたゴーヤ

24時間漬けたゴーヤのぬか漬け

緑が濁るように変色して、よく漬かっていることが分かります。

さっそく、食べてみました。

ゴーヤの味とぬか漬けの酸味と塩味がしっかりと感じられます。

ゴーヤとぬか漬けの組み合わせは意外と合います。

それでもゴーヤの苦味の方が強いですね。

 

・常温で48時間漬けたゴーヤ

48時間漬けたゴーヤのぬか漬け

24時間漬けたゴーヤと比べて酸味が増しています。

苦味より酸味が強いですね。

酸っぱさの中に少し苦味を感じます。

私には、酸っぱすぎる味です。

ゴーヤの苦さが苦手な人にはいいのかもしれませんが、逆に酸味が強くて、それを美味しいと感じるか好みが別れそうです。

24時間漬けたゴーヤの方がぬか漬けとしての味は整っていると思います。

ちなみに72時間(3日間)漬けたゴーヤも食べてみました。

苦味はかなり減って、その分、酸味がかなり増しています。

まさに漬かり過ぎた漬け物です。

漬かり過ぎたぬか漬けが好きな人には最高なのかも知れませんが、ほとんどの人の口には合わない酸っぱさでしょう。

 

ゴーヤのぬか漬けを食べた感想

ゴーヤはぬか漬けにするのはありだと思います。

ただし、やっぱり好き嫌いがハッキリ分かれるでしょうね。

ゴーヤが好きな人は、ぬか漬けにしても好きだろうし、逆に嫌いな人はぬか漬けにしても嫌いなままだと思います。

嫌いなゴーヤをぬか漬にしたら美味しく食べられる、と言う人はいなさそうです。

ですので、ゴーヤが元々好きな人は、試してみると良いでしょう。