スポンサーリンク

人参のぬか漬けのレシピ。皮の処理はどうするのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

人参のぬか漬け

「人参が大好き」という人はあまりいないと思います。

でも、「人参のぬか漬けは好き」という人はかなりいるはず。

生では美味しく食べられない人参も、ぬか漬けにするだけで美味しくなるのです。

今回は、そんな人参のぬか漬けの作り方を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人参のぬか漬けのレシピ

人参のぬか漬けの作り方

まず、人参を水で軽く洗い、水分を拭き取る。

洗って水分を拭き取った人参

 

両端を切り落とし適当な大きさに切る。

両端を切り落とし適当な大きさに切った人参

 

縦長に切った人参

 

それをぬか床に入れる。

人参をぬか床に入れる

漬け終わったらぬか床から取り出す。

“ぬか”を落とし、適当な大きさに切り、皿に盛る。

 

 

人参の皮の処理について

人参は皮の部分が一番栄養があると言われています。

なので、皮はそのまま残してぬか漬けにした方が良いです。

ただし、人参によっては土がたくさん付いていて、いくら洗っても土が残ることがあります。

その時は、皮を剥くようにします。

 

漬け時間の大まかな目安

春、夏、秋の常温で1日〜1日半。

冬、または冷蔵庫の中だと2日〜3日。

 

人参のぬか漬けを上手く漬けるコツ

人参は硬いので、漬け時間は長めになります。

そして、大きい形のままぬか床に入れると、人参の中の方まできちんと漬かりません。

ということで、人参はあまり太くないものを選びましょう。

そして、人参を切る時は縦に細く、何等分かに切ると、漬け時間を短くすることができ、人参の中まできちんと漬かります。

 

まとめ

人参は栄養価が高い野菜ですが、サラダにはできないし、食べるためには調理が必要です。

しかし、ぬか漬けなら、切って、ぬか床に入れるだけで、美味しいぬか漬けになります。

しかも、ご飯のおかずにすごく合います。

私は、積極的に人参を食べることはなかったのですが、ぬか漬けにして食べたときに初めて人参のことを「美味しい!」と思いました。