スポンサーリンク

豆乳ヨーグルトのメリット&デメリット

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

最近、スーパーのヨーグルト売り場で「豆乳ヨーグルト」を見かけますよね。

よく見かける商品名はこの2つ

・ソイビオ豆乳ヨーグルト

・豆乳グルト

これらは、豆乳を発酵させてできたヨーグルトです。

「牛乳を発酵させた普通のヨーグルト」とは別ものです。

今回は、市販の豆乳ヨーグルトのメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

豆乳ヨーグルトのメリット

乳成分不使用

普通のヨーグルトは、牛乳から作られています。

なので乳製品が苦手な人が普通のヨーグルトを食べると

・お腹がゴロゴロしたり

・便が下痢っぽくなったり

と、お腹の調子が悪くなったりします。

特に男性に多いのではないでしょうか。

一方、豆乳ヨーグルトに乳成分は使われていません。

よって、お腹の調子が悪くなることはありません。

・乳製品が体質に合わない

・でも、ヨーグルトは食べたい

こんな人は、豆乳ヨーグルトを選ぶと良いでしょう。

豆乳ヨーグルトは豆乳を植物性乳酸菌で発酵させたもの

豆乳ヨーグルトは、豆乳を「植物性乳酸菌」で発酵させたもの。

牛乳のヨーグルトは、牛乳を「動物性乳酸菌」で発酵させたもの。

乳酸菌は、腸内環境を整えてくれます。

でも、乳酸菌は、すべてが腸に届くわけではありません。

腸に届く前に死んでしまう乳酸菌もいます。

「動物性乳酸菌に比べて、植物性乳酸菌の方がより多く生きたまま腸に届く」と言われています。

酸味が少ない。酸っぱくない

普通のヨーグルトに比べて、豆乳ヨーグルトは酸味が少ないです。

「ほぼ無い」と言って良いかもしれません。

普通のヨーグルトの酸味が苦手な人は、豆乳ヨーグルトを選ぶと良いでしょう。

ただ、豆乳ヨーグルトも数日経つと少し酸味が出てきます。

私は、開封したばかりの豆乳ヨーグルトより、少し酸味が出てきた豆乳ヨーグルトの方が好きですね。

ちなみに、牛乳から作るヨーグルトでも

・ケフィアヨーグルト

・カスピ海ヨーグルト

などは酸味が少ない方だと思います。

低カロリー&低糖質

普通のヨーグルトに比べて、豆乳ヨーグルトは

低下カロリー&低糖質

ただ、豆乳ヨーグルトがものすごく低カロリーで低糖質というわけではありません。

普通のヨーグルトと比べた時の差は少しだけです。

本気のダイエット中でカロリーと糖質の摂取量を厳しくコントロールしている

こういう人は、普通のヨーグルトより豆乳ヨーグルトを選ぶ意味は大いにあると思います。

【カロリーと糖質に関しての参考サイト】

ソイビオ豆乳:ヨーグルト栄養成分表示(100gあたり)

豆乳グルト:ヨーグルト栄養成分表示(100gあたり)

カロリーSlims
(プレーンヨーグルト100gあたりの栄養が計算できます)

イソフラボンが含まれている

大豆=イソフラボン

ということで豆乳ヨーグルトにもイソフラボンが入っています。

イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」に似ている成分です。

特に女性に有効であると言われています。

スポンサーリンク

豆乳ヨーグルトのデメリット

特にこれといったデメリットはないと思います。

あえて言うなら

・酸味がなくてヨーグルトっぽくない

・味が淡白過ぎる

といったところでしょうか。

・ヨーグルトの酸味が好きな人、

・初めて豆乳ヨーグルトを食べる人

こんな人は物足りないと感じるかもしれません。

ただ、味については好みで意見が分かれますよね。

個人的なことを言うと私は、あまり美味しいとは思えません。

豆乳ヨーグルトを食べるなら数日放置して、少し酸味を感じるようになってからにします。

豆乳を使って自家製ヨーグルトを作ろうとしている方へ

豆乳を使って自家製ヨーグルトを作ることができます。

ネットで検索するとそのやり方がたくさん見つかります。

ですが、それらのサイトで紹介させれいるレシピは

・豆乳

・牛乳のヨーグルト

この2つを混ぜるレシピです。

このやり方でもヨーグルトはできます。

ただし、豆乳を動物性乳酸菌で発酵させているので、その点だけは分かっておいてくださいね。

ちなみに、味は植物性乳酸菌で発酵させた市販の豆乳ヨーグルトとほぼ同じです。

酸味が控えめのヨーグルトになります。

・この記事で紹介したメリットにこだわらない

・嗜好品(デザート)としての豆乳ヨーグルトが食べられればOK

そういう人は牛乳のヨーグルトで作る豆乳ヨーグルトを食べるのは全然ありです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヨーグルト
miyamotoをフォローする
〜マゼクック〜 ぬか漬けの作り方&始め方を教えます!