スポンサーリンク

ヨーグルトでぬか漬けを作る。ぬか床いらずで超簡単!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ヨーグルトときゅうりのぬか漬け

ぬか漬けを自分で漬けて食べたい!

でも、ぬか床の管理&お手入れが面倒!

ぬか床を所有してまでぬか漬け作りをしたくない!

たまにぬか漬けが食べられればそれでいい!

という方にヨーグルトを使ったぬか漬けの作り方を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヨーグルトでぬか漬けを作る

ヨーグルトを使ったぬか漬けの作り方

ヨーグルト&きゅうり&味噌&塩

【用意するもの】

・野菜

・ヨーグルト・・・適量

・味噌または塩・・・適量

 

ぬか漬けを漬ける入れ物として

台所用ナイロン袋

または

ジップロック

どちらかを用意します。

今回は台所用ナイロン袋を使います。

 

では、作っていきましょう。

袋にぬか漬けにする野菜を入れます。

今回は、きゅうりを用意しました。

次にヨーグルトを入れます。

ナイロン袋にきゅうりとヨーグルトを入れる

きゅうりが全体的にヨーグルトで浸かるくらい入れましょう。

スプーンで3〜4杯くらいでいけるはず。

次に味噌を入れます。

ヨーグルトときゅうりが入ったナイロンに味噌を入れる

味噌の量はヨーグルトの1/3くらい。

味噌の量によってぬか漬けの塩加減が変わります。

味噌の量はおおまかな目安です。

お好みで調整してください。

すべての材料が入ったらビニールの中に空気が入らないようにして封をする。

きゅうりとヨーグルトと味噌を混ぜる

これを冷蔵庫で保管します。

保管時間の目安は12〜24時間。

時間もお好みで調整してください。

 

味噌の代わりに塩を入れても良い

味噌が無ければ代わりに塩を使ってもOK。

塩を小さじ1杯くらい入れます。

塩の量はお好みで調整してください。

それぞれ冷蔵庫でまる1日保管しました。

スポンサーリンク

ヨーグルトで作ったぬか漬けを食べてみた

塩バージョンと味噌バージョンを同時に作り、その味を比較しましょう。

左が塩バージョン、左が味噌バージョン。

塩&ヨーグルト、味噌&ヨーグルト

 

上が味噌バージョン、下が塩バージョン

ヨーグルトで作ったぬか漬け

見た目はほぼ同じです。

食べ比べてみましょう。

・塩を入れて作った方

ぬか漬けっぽくなっています。

味はとてもあっさり&さっぱり漬かって浅漬のようですね。

美味しいです!

 

・味噌を入れて作った方

こちらもぬか漬けっぽくなっています。

味噌のおかげで、塩だけのものより味に深みが出て、よりぬか漬けに近づいていますね。

美味しいです!

普通のぬか漬けとして食卓に出しても、ヨーグルトで漬けたものだと気付かれないでしょう。

ちなみに、私は味噌を入れた方が好きですね。

 

ヨーグルトが使えるのは1〜2回

ぬか漬けを作ったヨーグルトが使えるのは1〜3回くらい。

それ以上になると野菜の成分がヨーグルトに混ざり、ぬか床としてはあまり機能しなくなります。

あくまでもヨーグルトは本当のぬか床の代用です。

繰り返し使うときは期間をあけずに、すぐに使いきってください。

 

ヨーグルトを使ってぬか漬けを作ることのメリット

メリットは面倒なお手入れや管理がいらないこと。

ヨーグルトは使い捨てです。

1回だけでも良いし、もう1回使ってもOK。

400gのブルガリアヨーグルトならスーパーで200円以下で手に入ります。

それほど大きな出費にはなりませんよね。

ぬか漬け作りに使わず余ったヨーグルトはそのまま食べればよいわけだし。

 

そもそも、これってぬか漬けなのか?

ヨーグルトで作ったぬか漬けには、米ぬか由来の栄養がありません。

栄養価で比較するとぬか床で作ったぬか漬けの圧勝です。

ちなみに、ヨーグルトの乳酸菌は動物性で、ぬか漬けの乳酸菌は植物性です。

なので、ヨーグルトで作ったものは正確には本来のぬか漬けとは違う食べ物。

でも、味を楽しむという意味では、ヨーグルトでぬか漬けを作るのは有りだと思います。

 

まとめ

今回、ヨーグルトでぬか漬けを作って分かったことは、「ヨーグルトで作ったぬか漬けは美味しい」ということ。

ぬか漬けに興味がある人はまずヨーグルトでぬか漬けを作ってみると良いかもしれません。

ヨーグルトさえ買ってくればすぐにできますからね。

たまにぬか漬けを作るならちょうど良いかもしれません。

そして、ぬか漬けを食べる回数を増やしたいと思ったら、そのときにぬか床を使ったぬか漬け作りをスタートさせれば良いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
miyamotoをフォローする
〜マゼクック〜 ぬか漬けの作り方&始め方を教えます!